【エロい体験談の漫画でした。】人をダメにするちょいブス・ネタバレとあらすじをまとめました。

目隠しをされた洋子。

その赤く濡れた唇を男は貪欲に貪る。

「や、おかしく、なる……っ」

浅い部分を責め、イく直前で止めて焦らし続けると、やがて泣きながら自分で腰を揺らし始めた。

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

これは、ある洋服店で起こったエロい漫画体験談です。

 

 

私はある日、有名な全国チェーンの洋服店に行きました。

 

 

そこのお店は、私の好きなデザインの服がたくさんあるので、よく利用していました。

 

店員さんは、綺麗な人ばかりで、私としてはとてもいいお店です。

 

別に、なにが起こるわけではありませんが。

 

 

男性のコーナーは、お店の奥のほうにあります。私はいつも通り、店内に入ってそこに向かって歩いていきました。

 

 

すると店員さんが、なにやら作業をやっていて、通路をふさいでいました。

 

これじゃ通れないから、あっちから行こうかな、でも無理すれば通れそうな感じ。

 

結局、私はそこを通ることにしました。

 

店員さんは、しゃがんで通路をふさいでいました。

 

 

私は、しゃがんでいる店員さんの後ろを、背中を見る感じで、ゆっくり通りました。

 

 

その時です、事件が起こったのは。

 

 

私が、ちょうど店員さんの後ろの位置に来た時に、店員さんが勢いよく立ち上がったんです。そして、私のあそこが店員さんのお尻に、ちょうど当たる感じでぶつかったんです。つまり、店員さんを私がバックでついている状態になったんです。

 

 

店員さんは、びっくりしてすぐに謝りましたが、私は、ありがとうございますという気持ちで、いっぱいになりました。

 

店員さんのお尻は柔くて凄く気持ちよかったです。

 

こんな奇跡もあるんですね。以上、私のエロい体験でした。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のあらすじ

 

これは、あるイベントでのエロい体験談です。

 

 

ある日、私はいつものパチンコ屋でパチンコを打っていました。

 

 

すると、可愛い女の子が私の横に座りました。

 

 

私は、まったく意識してませんよという態度を、とっていましたが、心の中では、「こんな可愛い子と付き合えたらいいな」と思っていました。

 

 

すると急に、その女の子が話しかけてきました。

 

 

何と言ったのかは、忘れてしまったのですが、とにかく私に話しかけてきたんです。

 

 

私は、普通に対応していましたが、あれ、これはもしかして私のことがすきなのかな?と期待してしまいました。

 

 

 

そして、ちょっとだけいい雰囲気になりました。

 

 

私は、のどが渇いたので缶ジュースを買いに行きました。

 

そして、元の席につきました。

 

 

彼女は、まだ私の横にいます。

 

私は、缶ジュースを一口飲みました。

 

そして、左側に缶ジュースを置きました。

 

すると彼女は、こう言ったのです。

 

「あ~喉がかわいたな~」私は、その言葉に反応することもなく、パチンコを打ちました。

 

すると、彼女は、さらにこう言ったのです。

 

「そのジュース、一口ちょうだい」こんなことって、あります?

 

初対面ですよ。

 

 

今あったばかりの男に、ジュースちょうだいって言えます?

 

 

しかも、私が飲んだやつです。

 

 

私は、とりあえず、「いいよ」といってジュースをあげました。

彼女は、私のジュースをゴクゴク飲みました。

 

 

彼女と間接キスです。

 

そんなに親しくないのに…。

 

 

こんなシーンに笑っちゃうというか、興奮するというか不思議な気持ちになりました。

 

パチンコ屋では、こんなことがたまにあるんです。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画の感想

 

この漫画を読んだ感想です。

 

今パートナー・・と呼ぶのかどう表したら良いかは少しあいまいだけれど、時々あっているタクミさんはとある婚カツアプリで知り合いました。

 

 

お互い求めるのは恋人とか、結婚相手ではなくてスリルを潜り抜けてる体の関係なのかな。

 

別にベッタリ依存するわけでもなく、お互い第一は自分の家族で、時間が出来た時にあっている。

 

勿論始めはお茶しながら話し相手をする位の感じだった。

 

 

でも少しずつ、キスならいいかなとかハグ位ならって段々それが胸を揉まれたりキスも舌を絡ませたりする様になった。

 

 

バツイチの私にとってセックスは久しぶりで痛かった。

 

 

だけど次からは身体も緊張がなくなったのか時間をかけて愛撫され気持ちよくなるとくちゅっとゆう位濡れてきた。

 

 

ちょっと恥ずかしいけど、女である核心と、渇ききったババアになってなくてよかったってゆう安心感があった。

 

まだ30代だから渇くのは困るけど。

 

ただフェラをしていると顎が疲れてくる。これは年を感じる。

 

 

だから途中手でごまかしてしまう。

 

 

タクミさんもしばらく奥さんとはレスとの事でなかなか起たない。

 

私が下手なのだろうけど、もう少しお互い身体が馴れ合ってきたらすぐ気持ちよくなれるのかな。

 

因みにねタクミさん手が大きいからお尻バシーッってされるとまた気持ちいい。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓